暑中見舞いの例文 ビジネスでの上司やお客様へ、小学生の子供から先生へ


暑中見舞い_例文640

暑中見舞いや残暑見舞いを送る時期や形式は
決まったものではないのですが、
送る相手が会社の上司やビジネスでのお客様の場合
気を使うものです。

送る時期については
立秋より前ならば暑中見舞い、後ならば残暑見舞い
とするのが定例です。

形式は
1.季節の挨拶
2.送り相手の健康などをたずねる言葉
3.自分の状況を伝える言葉
4.送り相手の無事を祈る言葉
といったところです。

拝啓や敬具などの頭語や結語は不要です。

スポンサーリンク


ビジネスでの上司やお客様への文例

お客様への例文

暑中見舞い申し上げます。
貴社におかれましては、いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、格別のご配慮をいただき心よりお礼申し上げます。
お陰様で弊社も恙(つつが)無く社業に専心いたしております。
皆様の更なるご支援を賜れますよう、衷心よりお願い申し上げます。
暑さ厳しき折、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

平成○○年 盛夏

上司への例文

暑中見舞い申し上げます。
猛暑が続いておりますが、ますますご健勝のことと存じます。
日頃は、何かとお心遣いをいただきありがとうございます。
今後ともこれまで同様のご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
ご多忙中とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。

平成○○年 七月

小学生の子供から先生への文例

先生への例文

毎日とても暑いですね。先生はお元気ですか?
わたしは、ゆかたをきて、花火大会にいってきました。
金魚すくいをして楽しかったです。
2学きもよろしくおねがいします。

平成27年7月

暑中見舞いの構成順の一言

1.季節の挨拶

暑中見舞い申し上げます
暑中お伺い申し上げます
盛夏お伺い申し上げます
猛暑のおうかがいを申し上げます

2.送り相手の健康などをたずねる言葉

貴社におかれましては、いよいよご盛栄のことと存じます。
貴店におかれましては益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。
○○様には、ますますご(健勝/壮健)のことと存じます。
暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

3.自分の状況を伝える言葉

弊社が、順調な業績をあげられるのも、貴社のお陰と感謝申し上げます。
私もおかげ様で大過なく過ごしております。
こちらは家族みんなで元気で過ごしております。

4.送り相手の無事を祈る言葉

皆様の更なるご支援を賜れますよう、衷心よりお願い申し上げます。
残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますよう。
皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。
お体を大切にお過ごしください。

まとめ

暑中見舞いは時候の挨拶なので
文章はあまり長くならないほうが
良いでしょう。

行間を広めにとって
涼しげな絵やイラスト
入れればさわやかな手紙に
なるでしょう。

スポンサーリンク
2015年6月25日 暑中見舞いの例文 ビジネスでの上司やお客様へ、小学生の子供から先生へ はコメントを受け付けていません。 暑中見舞い・残暑見舞い