暑中見舞いの例文 ビジネスでの上司やお客様へ、小学生の子供から先生へ

暑中見舞い_例文640

暑中見舞いや残暑見舞いを送る時期や形式は
決まったものではないのですが、
送る相手が会社の上司やビジネスでのお客様の場合
気を使うものです。

送る時期については
立秋より前ならば暑中見舞い、後ならば残暑見舞い
とするのが定例です。

形式は
1.季節の挨拶
2.送り相手の健康などをたずねる言葉
3.自分の状況を伝える言葉
4.送り相手の無事を祈る言葉
といったところです。

拝啓や敬具などの頭語や結語は不要です。

「暑中見舞いの例文 ビジネスでの上司やお客様へ、小学生の子供から先生へ」の続きを読む…